admin on 9月 30th, 2013

タレントマネジメントシステム
企業にとって売り上げを上げるのは重要なことです。では、その売り上げを上げるのは誰でしょう?誰も何もせずに売り上げがあがることは、もちろんあり得ません。「企業は人なり」売り上げをあげてくれるのは、企業で働いている社員ですよね。人材は最も重要な資産である!!と多くの企業で言われています。しかし、その資産も活用の仕方一つで売り上げに大きく関わってきます。適切な人材を適切な場所で働けるようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

「人と組織の才能を引き出す CYDAS(サイダス)」のタレントマネジメントシステム パフォーマンスクラウドを活用してみてはどうでしょうか。パフォーマンスクラウドは社員を適切な場所で働けるように手助けをしてくれます。パフォーマンスクラウドの運用は蓄積→分析→予測→活用の4段階になっています。

まずは、社員情報、業務経験、保有スキルなどを「蓄積」していきます。蓄積した情報を元に現状を把握し、得意分野などの「分析」を行います。分析した結果を見ながらシミュレーションをどの配置や採用が適切か繰返し「予測」します。予測したデータを「活用」しながら社員を採用、配置、育成を行います。パフォーマンスクラウドを活用することで、社員をスキルや経験に合った場所に配置することができるようになります。

今はパフォーマンスクラウドについてとても簡単に説明しました。
サイトにはさらに詳しく説明されています。
詳しく知りたい方はhttp://www.cydas.co.jp/products/を参考にしてくださいね。

 

admin on 9月 24th, 2013

企業に求められている人材は様々です、個人個人に能力に違いがあり、どんな人材がどこで力を発揮できるか分かりません。でも能力が発揮できる場所が分からないからと言って適当に人材を配置してもいいわけではありません。能力を見極めて、効率的に力を発揮できるところで働かせることが、労働者のためにもなりますし、企業のためにもなります。こういった無駄のない人材配置が注目されタレントマネジメントに力を入れる会社が増えてきました。

タレントマネジメントを成功させることは簡単ではありません。人事管理の方法は従来のものではいけませんので、まずはそこから変えていかないといけません。アルバイトや派遣社員、外国人労働者といった価値観の違った人々が関わるようになってきたことで人事管理はより複雑な物となりタレントマネジメントもそれに伴い複雑になっていきます。

タレントマネジメントはこれから企業が生き延びていくための経営方針に合わせて行っていかないといけません。それまでが品質の良い物を作るだったことが、独自の商品を作っていくという方針に変わったのなら、開発力や創造力のある人材が必要になります。自社の社員を教育したり、人材を他から採用したりし、変化に合わせた人材を見出していくことが大事です。

労働者の中には正社員だけでなくアルバイトや派遣社員といったスタイルで働いている人もいます。こういったスタイルで働いている人は比較的賃金を安く抑えることができるうえ、いざという時に解雇しやすいことから生産性を上げるときに期間限定で雇うなんてこともよくあります。ただタレントマネジメントの考え方が普及してきて、人材という価値が見直されてきたため期間限定でのアルバイトや派遣社員を使わない会社も増えてきています。

タレントマネジメントを行うと、会社で働く一人一人の人材が管理できてその能力を最大限に発揮できるようになります。数が揃っていれば個々の能力は必要がなかった従来の考え方とは違い、個々のまだ見つかっていない潜在能力を引出し会社でその能力を発揮させることが目的です。個人の力が底上げされるための今迄ほどの人数がなくても仕事ができるようになり、人件費を抑えながら生産性を上げるということができます。

人材は不足傾向にあるため、個人にかかる負担はこれからも大きくなります。その負担に耐えきれる人材に育て上げることもタレントマネジメントの重要な役割です。タレントマネジメントの導入で人という資源を有効に使えるようになっていきます。

医師 アルバイト
子育て・介護等の諸事情により非常勤で働きたい医師の方、生活のためにアルバイトを探している研修医の方、 医師求人検索 — 医師の求人、転職、募集ならメディカルキャスト をご利用ください。医師の求人数、転職満足度は業界トップクラスで、すべて無料で斡旋します。

非常勤となると条件がなにかと厳しいもの。「こんな条件では職は見つからないかもしれない・・・」とあきらめずに、メディカルキャストにご相談下さい。医師業界に詳しく、経験豊富なコンサルタントがご相談に応じます。先生方に代わって求人先との折衝も行いますから、相手との直接交渉が苦手な方でも、意向により近い折衝が可能となります。また、就職先で何か問題があった場合もすぐにご相談下さい。キャリアコンサルタントと労務管理のプロである社会保険労務士が労働関連の相談に無料で答えます。

日本全国、常時1万件以上の求人を保有しており、非常勤も500~600件あります。一日だけのスポットアルバイトも掲載していますので、ご希望の場合は検索してみて下さい。「医師求人登録」を行うと、ウェブ上では非公開の求人も公開しますので、お得な「医師求人登録」をおすすめします。(登録は無料です)

「メディカルキャスト」は、先生方のご希望に近い求人をきっと見つけられることでしょう。

admin on 1月 23rd, 2013

http://www.teu.ac.jp/gakubu/media/最近は、メディア学部に入学を希望する女子も多くなっているようです。将来を見据えたメディア学部には、コンテンツ創作やソーシャルメディア、インタラクティブメディアなどを学習するコースがあります。メディア学部のある大学への入学を希望している方におすすめなのが、東京工科大学http://www.teu.ac.jp/gakubu/media/です。

東京工科大学では、未来型ゲーム、アニメ、映像、eラーニングやソーシャルネットワークサービス、先端広告、メディアビジネスなどを中心に理論の習得ができます。さらに、実践についてもさまざまな技術や知識を身に付けることができるでしょう。

東京工科大学のサイトを利用すると、詳しい資料請求ができます。特にメディア学部を希望する方は、コンテンツ創作コース、インタラクティブメディアコース、メディアビジネスコースの詳細や取得できる資格にについても確認することができます。

その他に、東京工科大学のメディア学部実績一覧や学生の作品集も閲覧できます。さらに、最も気になる卒業生の就職状況については、職業図鑑や就職支援サービスなどの情報を確認してみるといいでしょう。在校生の学生生活や大学の施設もわかるようになっています。

メディア学部に入学を希望する方は、一般入試&センター試験情報を東京工科大学のサイトから手に入れることができるので、ぜひ、こちらのサイトを利用しましょう。